メタバース

木梨憲武がメタバースギャラリーに選んだXANA(ザナ)とは

木梨憲武がメタバースギャラリーに選んだXANA(ザナ)について解説。この記事でXANAが分かるとともに、暗号資産XETA(ゼータ)の使われ方、そして木梨憲武の活動予定を通してメタバースの楽しみ方が見えてきます。

木梨憲武がメタバースギャラリーに選んだXANA(ザナ)とは

「そもそもXANAってなに?」
「なんで木梨さんはXANAを選んだの?」
「XANAはメタバースってどういうこと?」

幅広い世代から愛される木梨憲武さん。「仮面ノリダー」を聞いただけで、幼いころに家族で笑った光景を思い出す昭和世代も多いハズ。

そんな木梨さんが「メタバースのXANA(ザナ)」にアートギャラリーを建設しています。

この記事でわかること

  • そもそもメタバースとは
  • メタバースのXANAについて
  • 木梨さんはメタバースで何をしていくか

この記事を読むと、XANAが分かるとともに、木梨さんの活動予定を通してメタバースの楽しみ方が見えてきます。

木梨さんは「web3」なんて言葉を知らなくてもメタバースを身近なものにしてくれる一人。

アーティスト木梨憲武にweb3界隈から注目が集まっています!

まずはメタバースとNFTについてもかんたんに説明しますね。

さっそくXANAを知りたい人は「メタバースのXANA(ザナ)」とはから読み進めてください。

木梨憲武がギャラリーを建設するメタバースとは

メタバースとはあなたの分身が現実世界と同じように生活できる「仮想空間」のことです。

あなたの分身を「アバター」と言い、仮想空間は仮想世界と呼ばれたりもします。

メタバースを知るには文章よりも動画が一番なので、まずはこちらをご覧ください。

映画「レディ・プレイヤー1」です。少年がVRゴーグルをつけてバーチャル空間に入っていく様子を見てこう思ったのではないでしょうか。

どうせ映画の世界でしょ?

うちのパンダのように思った昭和と平成世代のあなた!いたって普通の感覚です。

1つだけ、今してほしいことがあります。いったんあなたの常識を横において、動画の世界観そのものをしっかり感じ取ってみてください。

少年がVRゴーグルで没入する世界、アバターが主役になるメタバース。アバターの喜怒哀楽は実在する少年の感覚そのものです。

2022年8月現在、今まさに数々のメタバースが建設中で、映画の世界くらいの肌感覚が得られるように試行錯誤が繰り返されています。

なお、メタバースは「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」をかけ合わせた造語です。

トヨタ自動車をはじめとした日本を代表する企業もメタバースに進出しているんですよ!

メタバース活用の理由は既存事業のマーケティングの面もあるでしょうが、規模を競うビジネス終了からweb3へのそなえもあるでしょう。

XANA(ザナ)とは

木梨さんがアートギャラリーを建設するメタバースの「XANA(ザナ)」についてです。

アーティストがXANAでできることはテレ東Bizさんの動画が大変参考になります。

Web1.0 → Web2.0 → web3がそもそも何なのか?ブロックチェーンと、メタバースやNFTがざっくりと分かる内容です。

VRアーティストのせきぐちあいみさんが神田明神をデジタルアートで表現し、USBに収納した上で奉納されています。

動画の中ででてきた「NFTアート作品」が大切なポイントです。

せきぐちあいみさんの作品はデジタルなので、従来であればコピーができて価値が下がり、ときには無価値になるものでした。

デジタル作品を作る過程を動画に撮ったり、証人をつけたり証明書を発行するなど、価値を保つために何とかしようとするものの、技術的に不可能だったのです。

これを打破したのがNFT!

ブロックチェーンと呼ばれる技術で、デジタル作品にたった1つの作品であることを証明できるようになったのです。

NFTはアート作品のみならず、メタバースにおける音楽・芸術・ゲーム・乗物・人(アバター)・土地・・・など、あらゆるものにコピーが効かないオンリーワンを示し、その証明が価値を与えて人々の欲求を刺激して価格を生み出しています。

さて、メタバースについて少し身近に感じていただけたのではないしょうか。

本題である木梨さんがアートギャラリーを建設するXANA(ザナ)についてです。

XANAはメタバースの1つで、世界中の誰もが自由に遊びに行ける仮想の空間になります。この仮想空間には日本と同じように都市があり、街が賑わい、アバターが生活する世界が広がっています。

なんでXANAにアバターが集まるのか?

最大の理由はNFTによって経済が回るから。やはり体はこちらにあるので、生きていくためにお金が必要です。

ただ現実世界は金余り。ロボットによる自動化で人々は働かなくて済むようになってきた一方で、何かしら欲を刺激し合い、規模を追い求めるのが人間というものでしょう。

宇宙や深海・地中の開発が難しいことから、いままさにインターネット上の仮想空間に着目し、メタバースというキャッチフレーズで新たな世界を作り出そうとしているのです。

XANAは人種・国籍を問わずアバターが生活できるメタバースの一つ。

そしてファウンダー兼リーダーのRioさんが日本人ということもあり、日本の有名IP・企業・行政とのメタバース事業の実績を積み上げています。

メタバースXANAの企業や行政との提携実績
引用:XANA | Major Adoptions

メタバースはアーティストの創造力を最大化する空間です。木梨さんは国内外で数あるメタバースの中からご自身の次なるステージを入念に調べ上げていたと思います。

アーティスト木梨憲武としてXANAに決めたことは、日本のメタバース市場発展にとっても大変素晴らしい選択ではないでしょうか。

XANAの詳細は「XANA(ザナ)とは?9つの稼ぐ方法と始め方・遊び方を解説」にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

木梨憲武とは

お笑いコンビ「とんねるず」です。といって通じるのは昭和世代だけでしょう。いつも石橋貴明さんとお茶の間に笑いを届けてくれました。

「とんねるずのみなさんのおかげです」のコーナードラマ「仮面ノリダー」を真似する子供が多かったんじゃないかと思います。

木梨さんは1994年から画家として活動をはじめ、日本を始めニューヨークやロンドンなどで個展を開催しています。

バーチャルギャラリーの世界観がXANAでも創られ、そこに展示されるアートはNFT化されてコピーできないあなただけのコレクションになるんですよ!

「KINASHI ART GALLERY GION」の逸品をオンラインストアで購入するカタチでした。
※2022年8月31日に営業終了になります。

これからはデジタル作品もNFTによって価値がつけられるので、木梨さんのNFTアートをXANAの世界で鑑賞し、そのままXANAを通じて購入することができます。

ちなみに、支払いはクレジットカードとおそらく暗号資産になると思います。

そしてメインで使われる暗号資産はおそらくXETA(ゼータ)です。なぜなら、日本の主要通貨が日本円(JPY)であるように、XANAの主要通貨はXETA(ゼータ)として普及しているため。

ブロックチェーンの技術上、法定通貨の日本円をそのままメタバースで使うことはできないのです。

その代わり、各メタバースには主要通貨がありXANAではXETAの流通量が一番大きくなっています。

なお「XETA(ゼータ)とは?特徴・将来性と見通し・おすすめ取引所を解説」も参考になさってください。

まとめ:木梨憲武がXANAを通じてメタバースを身近にする

昭和・平成・令和時代にまで広く親しまれているアーティスト・芸能人の1人である木梨憲武さん。

木梨さんがメタバースに進出することは、アバター人口が増えていくきっかけになるでしょう。

web3がニュースにも流れ、メタバースの世界が間もなく訪れる近未来。XANA(ザナ)は仮想空間の発展に備えて着実に準備を進めています。

「どのメタバースを選んだらいいんだろう?」

こんな心配をしなくて大丈夫ですよ!web3のメタバースは開かれた世界。従来の資本主義のように独占的な社会を作らないことが基本コンセプトです。

XANAにおける木梨憲武さんのアート活動を通じてあなたがメタバースを楽しんでいただけたら、この記事を書いてよかったな思えます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-メタバース