X to Earn

食べて稼ぐシンクロライフとは?メリットと暗号資産の稼ぎ方を解説

好きなランチ・ディナーで暗号資産を稼げるシンクロライフ。食べて稼ぐ「Eat to Earnアプリ」のメリットや稼ぎ方を分かりやすく解説します。

暗号資産が稼げるシンクロライフとは

「そもそもシンクロライフってなに?」
「シンクロライフでどれくらい稼げるの?」
「いつもの生活でシンクロライフは使えるの?」

シンクロライフは食べて稼ぐ「Eat to Earnアプリ」で、好きな食事をするだけでビットコインなどの暗号資産を稼ぐことができます。

この記事でわかること

  • シンクロライフの特徴とアプリを使うメリット
  • シンクロライフで暗号資産を稼ぐ方法と稼げる目安
  • シンクロライフで食べて稼げる仕組みと将来性

この記事を読めば、シンクロライフでビットコインやイーサリアムの稼ぎ方や貯まる仕組み、いつもの食事で最大5%報酬のもらい方が分かります。

美味しいランチやディナーのあとに暗号資産が貯まっていたら、とってもお得な気分になりますね。

シンクロライフ(SynchroLife)とは

シンクロライフとは飲食店で食事をするだけでビットコインなどの暗号資産が稼げるグルメSNSです。

食べログのように飲食店の評価・レビューが紹介されていて、僕たちユーザーがそれを参考にしながらランチやディナーをするお店を決めることができます。

食べログと違うのはポイントやビットコインなどの暗号資産がもらえること。食事を評価・レビューするだけで貯まるので、使い方はとっても簡単。

貯まった暗号資産とポイントは、全国57万ヶ所の飲食店で使えるので、せっかく稼いだのに使うところがない!なんてこともないでしょう。

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)に興味あるグルメ好きを中心に注目が集まっています。

YouTubeはシンクロライフの利用シーンです。ゆっくりご覧になってください。

シンクロライフのメリット・特徴

シンクロライフには大きく分けて3つの特徴があり、ユーザーのメリットにもなっています。

  • 全国1,700店舗以上の飲食店で暗号資産が貯まる
  • レビューの品質・スコアで還元率が変わる
  • アプリを多く使うほどレコメンドされる

一つずつ見ていきましょう。

メリット1:全国1,700店舗以上の飲食店で暗号資産が貯まる

シンクロライフのユーザーは全国1,700店舗以上の飲食店で食事をするだけで暗号資産を貯めることができます。

アプリで駅名・エリア名で検索すると、AIが評価・レビューから厳選したおすすめの店舗を紹介してくれます。

例えば、東京・日本橋で検索すると、お店の名前と地図が表示されます。

シンクロライフ | AI厳選「東京・日本橋」検索結果
出典:シンクロライフ | AI厳選「東京・日本橋」検索結果

また次のジャンルでおすすめ店舗を絞り込むこともできます。

厳選、和食、焼き肉、肉系、寿司、ラーメン、中華料理、イタリアン、韓国料理、B級グルメ、アジアエスニック、多国籍、フレンチ、カレー、焼き鳥、居酒屋、海鮮系、鍋、揚げ物、麺類、洋食、バー、日本酒、ワイン、カフェ、スイーツ

「厳選」は、最新のAI技術でレビュー・評価を中心に独自査定されたあなたにピッタリの飲食店をピックアップしてくれます。

メリット2:レビューの品質・スコアで還元率が変わる

シンクロライフのAIはあなたのレビューをスコアリングして還元率を変えています。

評価・レビューの品質が高ければ、最高5%の還元率に近づいていきます。

綺麗な画像が付いていると高いスコアが付くようで、その他にも使用頻度や書かれた内容から総合的に判断しているのでしょう。

AIはシンクロライフに寄せられた評価・レビューの膨大なデータから判定しています。

すでにレビュー投稿数は35万件以上、4言語(日・英・中・韓)に対応、155カ国で展開している人気のグルメアプリです。

メリット3:アプリを多く使うほどレコメンドされる

シンクロライフのアプリを通じて綺麗な画像に簡単レビューを書いて、そして評価を選択して投稿するだけ。

アプリを使えば使うほど、そして他のユーザーの参考になるレビューを多く投稿するほどAIがあなたの価値を高く評価します。

その結果、他のシンクロライフユーザーにあたなの評価・レビューが表示されてレコメンドされやすくなります。

AIはレコメンドも評価して暗号資産やポイントの還元率も高くしてくれるでしょう。

シンクロライフでどれくらい稼げるの?

シンクロライフで食事代金の1%~5%を稼ぐことができ、暗号資産またはポイントをもらえます。

  • 1000円のランチで50円相当のビットコインを受け取る
  • 5000円のディナーで250円相当のイーサリアムを受け取る

こんな感じです。受け取る暗号資産やポイントはスマホで簡単に選べます。

還元率の1%~5%はどうやってきまるの?

僕たちユーザーの評価・レビューをAIが判定しています。

食事の良かった点を画像付きで分かりやすく評価・レビューすると還元率が高くなる傾向にあるようです。

ちなみに、「ビットコインの稼ぎ方」も記事にしているので、副収入アップのために参考にしてください。

シンクロライフで暗号資産を稼ぐ・貯める手順

シンクロライフのアプリをインストールしてから、たった4ステップで暗号資産を稼いで貯めることができます。

シンクロライフで暗号資産を貯める方法
出典:GINKAN(シンクロライフ運営会社)
  • 画面の右下で暗号資産またはポイントを選択
  • シンクロライフ加盟店に行く
  • 支払い時にQR承認をする
  • 暗号資産が貯まる!

シンプルで分かりやすいので、加盟店が数に比例してユーザー登録が増えていきそうですね。

また選べる暗号資産は、ビットコインかイーサリアムになります。ともに長期投資の代表銘柄なのでシンクロライフのチョイスは最高です!

もし暗号資産に興味があるのなら「ビットコインを無料でもらう方法」からお試しください。

「Eat to Earn」の他にも無料でBTCを受け取る方法があるので、あなたにピッタリのサービスを選んでくださいね。

シンクロライフで食べて稼ぐ仕組み

好きな物を食べるだけで暗号資産が稼げると聞くと、少し怪しく感じる方もいるでしょう。

お金が回る仕組みが分かりやすく解説するので、安心してくださいね。

出典:GINKAN(シンクロライフ運営会社)

②成功報酬広告費(5%)でシンクロライフはアプリを導入した加盟店から売上の5%を成功報酬として受け取っています。

シンクロライフのアプリは人気があるので、登録した飲食店はアプリ経由でユーザーから注目され、食事してもらうチャンスが増えます。

加盟店はシンクロライフを通じて新規のお客さんが増え、リピーターもつき、商売繁盛につながります。

お客さんはシンクロライフの評価・レビューが良ければ、食後の満足度も高くなります。

そのためお金もたくさん使ってくれて、その一部がシンクロライフを通じてポイントまたは暗号資産が貯まる・稼げる仕組みになっています。

この仕組みが「Eat to Earn(E2E)」=「食べて稼ぐ」と言われる理由です。

ところでSTEPN(ステップン)を聞いたことはありますか?歩いて稼ぐMove to Earnアプリとして大注目されたゲームアプリです。

2023年はMove to EarnのMoveをXにした「X to Earn」がさらに注目されるとしていろいろなサービスが誕生しています。

シンクロライフは食べて稼ぐEat to Earnで暗号資産が稼げるプロジェクトなんですよ。

シンクロライフの将来性と今後の見通し

明るいシンクロライフの将来性を占う材料として大きく3つに分けて解説します。

  • シンクロライフ加盟店を増やす
  • 食を通じて暗号資産を普及させる
  • 暗号資産ウォレットと連携

一つずつ確認していきましょう。

シンクロライフ加盟店を増やす

シンプルにローラー作戦で加盟店を増やすことを第一とします。

これから日本でもビットコインやイーサリアムが使われるようになるでしょうから、2つの暗号資産を食べて稼ぐ仕組みを完成したシンクロライフの未来は明るいです。

それゆえ、アプリに加盟する店舗数の増加が最優先と言えるでしょう。日本一のグルメアプリと比較してみます。

【食べログ】加盟店舗数:83万店、口コミ数:4,657万件、掲載写真数:11,431万枚
【シンクロライフ】加盟店舗数:1,760店、レビュー数38万件
参考:各社公式サイト(2022年7月9日時点)

食べログと比べると圧倒的に加盟店舗数が少ないことが分かります。シンクロライフは若いサービスなので、王者食べログにどれだけ追いついていけるかに注目です。

食を通じて暗号資産を普及させる

食の追求は人間の本能に根ざしたものです。

ゲームして稼げる一石二鳥のPlay to Earnのアクシーインフィニティー。運動して健康になるついでに稼げるMove to Earnのステップン。

いずれも一歩前に出る後押しをしたのが暗号資産を稼げることでしたね。シンクロライフも同じ原理が働きます。

美味しい食事をしてさらに将来世界で使われると予想されるビットコインやイーサリアムを稼げるとしたら、広く使われる「Eat to EarnグルメSNS」として期待が高まります。

暗号資産ウォレットと連携

シンクロライフのウォレットと他のウォレットを連携してあらゆるブロックチェーンのサービスを利用できる予定です。

ウォレットとは:暗号資産を貯めて管理する財布

シンクロライフに登録したときにウォレットを作ります。ここに食事をしたときに稼いだ暗号資産やポイントが貯まっていきます。すでにシンクロライフウォレットだけでも57万ヶ所のお店で使えます。

シンクロライフで貯めた暗号資産が使える全国57万カ所のお店
出典:GINKAN(シンクロライフ運営会社)

ローソン、てもみん、コメダ珈琲店、上島珈琲店、ミスタードーナツ、ミニストップ、PIZZA-LA、ドトール、吉野家、タリーズ、出前館、サーティワン、Cake ON、KA RA DA、ケンタッキーフライドチキン、Relux、ラフィネ、GODIVA 他多数

シンクロライフはブロックチェーンの技術で世界中のweb3サービスに連携することができます。

暗号資産をためるウォレットのMetaMask(メタマスク)などと連携すると、DeFi(分散型金融)ゲームなどのDApps(分散型アプリ)を幅広く利用することができるんです。

技術的な話になりますが、シンクロライフは未来のweb3に備えて、暗号資産サービスを展開できるように着々と準備をしています。

シンクロライフ(SynchroLife)に関するよくある質問

ここからはシンクロライフに関するよくある質問と回答をまとめます。

食べて稼ぐ「Eat to Earn」アプリは他にありますか?

日本発の食べて稼ぐプロジェクト「POPPIN(ポッピン)」です。クリプト版たまごっちなどとも言われ、愛らしいキャラクターが特徴のEat to Earnゲームになります。

プライヤーはポッピンディールと呼ばれるスライムやドラクエのホイミンみたいなキャラクターを集めて戦わせ、成長させることができるPlay to Earn要素も含んでいます。

Eat to Earnを続けることでポピンが変身していきます。ソラナ(Solana)のブロックチェーンを利用しているので、将来的にはポピンをNFT化して「国内NFTマーケットプレイスで転売」するなど稼ぎ方を広げていくことができます。

「E2E」以外に無料で簡単に始められる「X2E」アプリは?

2022年に大流行したMove to Earnの中から「Sweatcoin(スウェットコイン)」をおすすめしています。歩いて稼ぐ「Walk to Earn」アプリで完全無料でトークンを稼ぐことができます。

貯まったトークンと同じ枚数の暗号資産SWEATがもらえる予定で、世界中で利用者が増え続けている歩いて稼げるアプリです。

その他には寝て稼ぐ「Sleep to Earn」が注目されています。2022年7月時点は準備段階で、しばらくすると「Sleep Future」と「Sleep Ecosystem」は眠りながら稼げるアプリとして流行するでしょう。

まとめ:食べて稼ぐグルメSNSの大本命

ここまで食べて稼ぐアプリ「シンクロライフ」のメリット・特徴に始まり、暗号資産の稼ぎ方や将来性まで解説してきました。

ビットコインとイーサリアムは世界中で使われると予測されており、還元する仕組みを完成したシンクロライフの明るい未来を想像できますね。

この記事のまとめ

  • シンクロライフは飲食店で食事するだけで暗号資産を稼げるEart to Earnアプリ
  • シンクロライフは食事代金の5%まで暗号資産を稼ぐことができる
  • 飲食店へのレビュー品質が高いと還元率が5%に近づいていく

2023年は食べて稼げるEat to Earn(E2E)が注目されるでしょう。

シンクロライフは土台が完成しているので、あとは加盟店舗を1,760店から増やしていくのみ

スマホアプリでたくさんレビューして、ビットコインとイーサリアムとしっかり稼いでいきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-X to Earn