X to Earn

Sleep Ecosystemで寝て稼ぐ!特徴・稼ぎ方・将来性を解説【Sleep to Earn】

歩いて稼ぐ「Walk to Earn」に続いて眠りながら稼ぐ「Sleep to Earn」が注目されつつあります。

怪しすぎる!寝るだけで稼げるなら会社いかなくていいじゃん!

多くの方がこんな意見をもって当然ですね。ただし、Web3.0時代の新技術を用いて、Sleep to Earnを実現したのがSleep Ecosystemです。

この記事でわかること

  • 眠りながら稼ぐ「Sleep to Earn」の仕組みが分かり、Sleep Ecosystemの稼ぎ方が理解できる
  • Sleep Ecosystemは眠れない問題に悩む現代人の睡眠促進するアプリを提供し有名大手企業からも評価されている
  • Sleep EcosystemのNFTプロジェクトや暗号資産の発行と上場について

今まではMove to Earnの中でも歩いて稼ぐWalk to Earnばかりが話題になっていましたね。その中で寝て稼ぐSleep to Earnとして、複数のプロジェクトが新規に次々と立ち上がってきています。

その中でも注目を集め始めているSleep Ecosystemについて分かりやすく解説するので、ぜひ最後まで参考にしてくださいね。

こちらはYouTubeに公開されているSleep Ecosystemの紹介動画ですので、ゆっくりご覧になってください。

Seep Ecosystem(スリープエコシステム)とは

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)とは
アプリ名Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)
アプリ内通貨Sleep Token(スリープトークン)
公式サイトSleep Ecosystem公式サイト

Sleep Ecosystemとは寝て稼ぐSleep-to-Earnのアプリケーションで、眠りながら稼げる仮想通貨プロジェクトです。
2021年はゲームで稼ぐplay to earnが 大流行2022年現在はmove to earnが流行中ですがその次に来るのがsleep to earnだと言われています

Sleep Ecosystemの眠りながら稼げる仕組みはとても簡単で、アプリの睡眠トラッカー機能を使い、記録された自分の睡眠時間がそのまま報酬になります。
もしかすると、STEPNで大注目の歩いて稼ぐMobe-to-Earn以上に、今後の暗号資産市場で注目を集めるかもしれませんね。

参考記事:STEPNのように初期投資を必要としない歩いて稼ぐSweatcoinとは?

Sleep EcosystemにはSleepという独自の通貨があり、2022年5月6日から先行販売が始まったばかりで、この時期は割安にSleepトークンを購入することができます。
早い時期であるほど安くトークンを手に入れることができるため、今後トークンが暗号資産に交換できるとき、安くて価値が上がりそうだと予想する方は先行販売が狙い目でしょう。

現在、睡眠時間を計算するためのアプリはβ版のみですが、今後正式にアップルとアンドロイドなどでリリースされれば、眠れない問題に悩まされる人たちの需要が高いと考えられます。
寝て稼ぐSleep-to-Earnが注目される理由は、眠れない問題の市場の大きさにあります。ストレス社会である現代において睡眠不足の人は世界の人口の約30%であり、多くの人の悩みの種になっています。

日本も睡眠不足の影響を受けており、米国の研究によると睡眠不足による日本人の仕事の損失額は、金額にすると年間約380億ドル(4兆9,000億円)にもおよびます。
先進国のなかでも生産性が低いとされる日本ですが、その大きな原因に睡眠不足が関わっていそうですね。

さて、聞き慣れない言葉も多かったのでもう一度振り返ってみましょう。

  • Sleep Ecosystemは眠りながら稼ぐSleep-to-Earnという暗号資産プロジェクトに分類される
  • 睡眠用アプリを使って睡眠時間によってSleepトークンが付与されるサービス
  • Sleepトークンは今後暗号資産に交換できる可能性がある

睡眠不足は幸福度を低下させ、経済にも打撃を与えます。Sleep Ecosystemは寝ながら稼げるというインセンティブを活かし、生産性の高い社会を目指すプロジェクトです。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の特徴・強み・メリット

ここからはSleep Ecosystemの特徴・強み・メリットを3つに分けてご紹介します。

  1. DeFi・NFT・メタバースを組み合わせたサービス
  2. 数兆円規模の眠れない問題の市場での需要
  3. ステーキング報酬を受け取れる

①DeFi・NFT・メタバースを組み合わせたサービス

Sleep Ecosystem 1つ目の特徴は、3つの技術を用いて複数の機能を組み合わていることです。
公式ツイッターのプロフィールでも、Sleep EcosystemはDeFi・NFT・メタバース上のゲームを組み合わせた新しいSleep-to-Earnだと自己紹介しています。

  • DeFiという分散型の金融サービスを用いながら透明度の高い取引を成立
  • メタバース(仮想空間)の中で行えるNFTゲーム
  • 報酬としてNFTを受け取ることができる

ちなみにメタバース内のゲームは都市を発展させるもので、有名ゲームのシムシティから触発されたそうです。
仮想空間にズラッと立ち並ぶビルや建物からもシムシティを想像できますね。

参考記事:DeFi、NFT、メタバースとは?

Sleep Ecosystemでは睡眠時間をそのままトークンに変えることができるだけでなく、権利が集中しにくい分散型の金融サービス(DeFi)を利用し、仮想空間でのゲームも楽しめるプロジェクトになっています。

②数兆円規模の眠れない問題の市場での需要

Sleep Ecosystem 2つ目の特徴は、眠れない問題の市場での需要に期待ができるということです。
現在既存の睡眠関連アプリには、SleepScoreやSleep Miracleなどのアプリがあり、その他にも次々と睡眠に特化した新商品・サービスが開発されています。
しかし、報酬までの仕組みが確立されている商品・サービスは存在せず、まだまだ未開発の眠れない問題の市場を狙ったのがSleep Ecosystemなのです。

睡眠デバイス技術の市場規模は、2020年に125億ドル(1兆6,250億円)※を超え、2021年から2027年の間にもさらに17.8%(約2,900億円)※を超える予想もされています。
※2022年5月、ドル円130円で計算
コロナの影響で自粛が続く世の中に加え、自律神経を乱す人が増えた現代においてSleep Ecosystemのようにスムーズな睡眠へと導く睡眠アプリの需要はさらに増えるでしょう。

実際にSleep Ecosystemは「健康的な生活習慣を大切にしよう!」「人間の心身の健康に不可欠な要素である睡眠を重視していこう!」の2つをビジョンとして掲げています。

明確なビジョンに向かってWeb3.0時代の最新技術であるDeFi・NFT・メタバースを活用しながら、今後の成長が期待できる眠れない問題の市場での活躍を目指しているのがSleep Ecosystemの際立った特徴です。

③ステーキング報酬を受け取れる

Sleep Ecosystem 3つ目の特徴は、ステーキング報酬ががもらえることです。
ステーキング報酬とは、対象の暗号資産を保有しているだけで利益を得ることができる仕組みで、株式投資の配当と似ています。
対象の仮想通貨で売買をしなくても、保有しているだけで利益を出せるので堅実に稼ぎたい方におすすめの手法です。

Sleep Ecosystemでは独自のアプリ内通貨であるSLEEPとBUSDという通貨を両方保有することで報酬を配布する予定です。
仮想通貨BUSDは、世界最大の暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)とPaxos社が発行しているステーブルコインになります。

長く多く保有するほどSLEEPとBUSDの両方の通貨で報酬をもらうことができます。
トレードのように短期間で大きく稼げる手法ではないですが、メガバンクに預金するよりもはるかに大きな利益を生むことができるでしょう。

なお、Sleep Ecosystemの公式ツイッターでCoinMarketCapに掲載されたことをツイートしています(2022年5月12日付)


以上がSleep Ecosystemの3つの大きな特徴・強み・メリットになります。眠れない問題の市場で稼いでいく仕組みがなんとなく見えてきましたね。

ちなみに、「日本発で世界に挑戦するSleep to EarnのSleefi」もステーキングを導入します。Sleep Ecosystemの成功要素を採り入れた将来性の高いプロジェクトなので、ぜひ一度ご参考ください。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の参加方法、使い方・遊び方

こちらではSleep Ecosystemの参加方法や、使い方・遊び方について紹介していきます。

実はSleep Ecosystemのアプリリリース予定日などは未定で、現在は開発資金を集めている段階です。
今後もNFTキャラクターなどの先行販売を予定しているので、新しい情報を得たい方はディスコードやテレグラムに参加しましょう。

ディスコードには5月中旬で5,000人ほどのホワイトリストに向けたクローズド情報のみでした。
ゲーム内容については、街を発展させた分だけ利益になるということ以外に明確にされていません。
これから少しずつ情報を出してくるでしょうから、最新情報が入り次第こちらでお伝えしていきます。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)で稼ぐ3つの方法

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)で稼ぐ3つの方法


多くの方が最も知りたいSleep Ecosystemで稼ぐ3つの方法をご紹介します!

  1. ホワイトリストになって通貨を 保有して稼ぐ
  2. SleepyRabbit(スリーピーラビット)NFTの一次売却と転売
  3. ステーキング金利で稼ぐ

ホワイトリストになってスリープトークンを稼ぐ

Sleep Ecosystemで稼ぐ1つ目の方法は、ホワイトリストになってスリープトークンを稼ぐことです。

ホワイトリストは:クレジットカードでよく耳にするブラックリストの逆の意味です。クレカ支払いの滞りや破産したときに管理会社に登録されるリストです。
一方でホワイトリストは、成長段階の企業やプロジェクトへの投資を検討している方やすでに資金を投じているエンジェル投資家を指しています。

Sleep Ecosystemのホワイトリストに登録することでお得にスリープトークンを手に入れるチャンスがあったり、後から購入する人よりも有益な情報を早く入手できるメリットがあります。
つまり、Sleep Ecosystemのホワイトリスト になることで価値が上がる前にお得にスリープトークンを手に入れられることになります。

そして、多くの仮想通貨プロジェクトは暗号資産を上場させて、後々トークンの保有数分を上場した暗号資産に交換できるようになることから、これを目的にした投資家も集まりやすくなります。

SleepyRabbit(スリーピーラビット)NFTの一次売却と転売

SleepyRabbit(スリーピーラビット)NFT

Sleep Ecosystemで稼ぐ1つ目の方法は、NFTキャラクターのSleepyRabbit(スリーピーラビット)が価格上昇したときの一次売却と転売です。

SleepyRabbitは0.5BNB(18,500円2022年5月15日時点)程で公式サイトで購入できるので、この仮想通貨プロジェクトが広く知られてさらなる価格上昇を見込んだ一次売却を狙っていきます。

2022年5月15日時点のSleep Ecosystem公式ツイッターフォロワー数が2.7万なので、眠れない問題の市場の規模を考えるとまだまだ需要を取り込めていないようです。

NFTキャラクターのSleepyRabbitを保有しているだけで、Sleep Ecosystemプロジェクトの人気とともに価値が高まって稼げる仕組みになっています。

ステーキング金利で稼ぐ

Sleep Ecosystemで稼ぐ3つ目の方法は、ステーキングの金利で稼ぐことです。

ステーキングとは:英語のStakingで「金銭を賭ける」という意味があり、特定の暗号資産やトークンを保有しているだけで報酬を受け取れる仕組み

ステーキングの金利が高く短期の売買を行う必要がないので、Sleep Ecosystemで得たアプリ内通貨(スリープトークン)を放置して稼ぎたいという方も始めたくなるでしょうね。
今のところSleep Ecosystemのステーキング報酬の開始については明らかにされていないため、こちらで情報を更新していきます。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の将来性・成長性

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の将来性・投資について


ここまでSleep Ecosystemの特徴や使い方・稼ぎ方を見てきた中で、将来性・成長性や投資について考えている方も多いことでしょう。

ここからはSleep Ecosystemの高い将来性・成長性、そして投資対象となる理由を2つご紹介します。

眠れない問題の市場を開拓する睡眠産業の需要が伸びる

Sleep Ecosystemが投資対象となる1つ目の理由は、大きな眠れない問題の対策市場を開拓する睡眠産業そのものの需要が伸びることです。
睡眠産業自体はこの5年以内に130億ドル以上に伸びると予想される中、Sleep Ecosystem自体も広く知られることで価値の上昇が期待できます。

つまり、保有するスリープトークンやSleepyRabbit NFTの価値があがり、スリープトークンが暗号資産に交換される際のリターンを狙う投資計画です。

まだ開始したばかりのプロジェクトであるSleep Ecosystemの現在のツイッター公式フォロワー人数は2.7万人(2022年5月15日時点)
同じSleep-to-EarnのSleep Futureが4.7万人のため、眠れない問題を改善する市場自体の認知度が低い状況です。
眠れない問題を治したいという需要は大変大きいので、Web3.0時代にぴったりのDeFi・NFT・メタバースをかけ合わせたマーケティングに注目です!

Yahoo!Financeなど大手企業との事業連携

Sleep Ecosystemが投資対象となる2つ目の理由は、Yahoo!Financeなどの大手企業との事業連携です。
ヤフーはアメリカカリフォルニア州に拠点を置く世界を代表するIT大手ですが、その中でもYahoo!Financeは投資関係の情報を取り扱っています。
小規模な仮想通貨プロジェクトに対して連携企業が大手で強いほど、より期待値が高まり将来性を買っていく投資家が増えるのは株式投資と同様になります。

Yahoo!Financeなど大手企業との事業連携

その他にもNFTゲームのGankpad、ブロック チェーンのセキュリティサービスのCERTIK、ニュース専門放送局のCNBCとの連携が掲載されています。

今後も眠れない問題の対策プロジェクトを進めせながら資金を集め、睡眠業界を牽引する大手企業との事業連携も広がれば、よりSleep Ecosystemの価値は上昇していくでしょう。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)の購入方法

将来性に溢れ投資対象となるSleep Ecosystemですが、国内の取引所で仮想通貨を購入できるでしょうか?
いまのところ残念ながら、アプリのリリース時期はまだ決まっておらず、最新情報を心待ちにしている状況です。

ただし、仮想通貨の販売が開始された時のために暗号資産取引所での口座開設をして、仮想通貨の売買に慣れておくとスムーズにスリープトークンを購入できますね。
当サイトでおすすめの取引所は、東証プライム上場マネックスグループの一員で国内最大級のコインチェックです。
コインチェックは最短5分でスマホから簡単に申し込みが完了するので、暗号資産投資の初心者でも気軽に始められる取引所になっています。

Sleep Ecosystem(スリープエコシステム)のまとめ

ここまでSleep Ecosystemの特徴から使い方・遊び方、そして稼ぎ方や将来性まで見てきました。

この記事を3つにまとめると

  • Sleep Ecosystemは寝て稼ぐSleep-to-Earnのアプリであり睡眠時間がトークンに変わる仕組み
  • 眠れない問題に悩む現代社会で睡眠促進アプリが需要を取り込みSleep Ecosystemと有名大手企業の事業連携増加
  • SleepyRabbit NFTの価値向上とスリープトークンから暗号資産の交換への実現

眠れない問題の対策や眠れない問題の改善は、現代社会でニーズがあることを数字で確かめられています。これらにWeb3.0時代の技術で問題解決を目指すSleep Ecosystemは投資妙味にあふれたプロジェクトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-X to Earn