暗号資産

パレットトークン(PLT)とは?特徴・将来性・価格推移と予想を解説

爆発的に成長するNFT市場。パレットトークンは日本が世界に誇るNFTコンテンツの成長とともに価格上昇が期待される暗号資産(仮想通貨)です。

パレットトークン(PLT)とは?特徴・将来性・価格推移・予想を解説

「そもそもパレットトークン(PLT)ってなに?」
「パレットトークンの今後の見通し(価格)はどうなりそう?」

パレットトークンは日本の優れたコンテンツをNFT化して世界に広める際、リーダー的存在になるハッシュパレットが開発した暗号資産です。

この記事でわかること

  • パレットトークンの概要と4つの特徴
  • 日本コンテンツ産業をNFTで活性化させるリーダ的存在であること
  • 暗号資産の初心者さんでもパレットトークンは使いやすいこと
  • 開発元ハッシュパレットの将来性からPLTのニーズが増す理由
  • パレットトークンの購入におすすめの取引所

この記事を読めば、パレットトークンが成長著しいNFT市場の波に乗り、価格の上昇期待が高い暗号資産であることが分かります。

IEOや有名NFTのゲーム化など成功事例を交えながら解説しますので、ぜひ参考にしてください。

パレットトークンが買える取引所はコチラ

パレットトークン(PLT)とは

パレットトークン(PLT)とは

パレットトークン(PLT)とは、日本発のエンタメコンテンツに特化したパレットエコシステムで流通する暗号資産(仮想通貨)です。

パレット(Palette)が日本のIP産業をNFT化して世界への橋渡しをすることから、NFT市場の拡大とともに大変注目されています。

暗号資産名Palette Token(パレットトークン)
シンボルPLT
価格21.81円
時価総額8,824,794,649円
時価総額ランキング3,219位
詳細Hashalette公式サイト
参考:CoinMarketCap(2022年7月16日時点)

パレットトークンはイーサリアムチェーン上で発行され、パレットチェーン上でも使うことができます。

パレット(Palette)は日本発のマンガ・アニメ、ゲーム、アート、音楽などのエンタメコンテンツに特化したブロックチェーンです。

日本のIP(知的財産)は世界に誇れる産業であり、NFT化できることからブロックチェーンとの相性は抜群!

イーサリアムチェーンはガス代が高かったり、暗号資産の初心者さんには扱いが難しいなどのデメリットがあります。

パレットは日本のエンタメ分野に特化したブロックチェーンを作ることで、ガス代の安さや使いやすさにこだわりユーザー満足度の高いサービスを可能にしています。

開発・運営元はハッシュパレット(HashPalette)です。後ほど紹介するように日本のコンテンツをどんどんNFT化しています。

パレットトークン(PLT)の特徴

パレットトークンには大きく分けて4つの特徴があります。

  • 暗号資産(仮想通貨)が初めての人も使いやすい 
  • 手数料が安く、処理速度が速い
  • クロスチェーン対応
  • コンセンサスノードによるガバナンス

一つずつ解説していきます。

特徴①:暗号資産が初めての人も使いやすい 

パレットはNFTに特化したプライベートチェーンを採用することによりイーサリアムチェーンの課題を解消しています。

現在NFTやDeFiをはじめ多くのアプリはイーサリアムチェーン上で提供されているため、ユーザー数の増加で手数料が高く処理速度が遅くなっています。

DeFiとは:取引所や銀行を介さずに、ユーザー間で暗号資産を売買したり利子を受け取るなどの金融サービスができる仕組み

一方でパレットは独自のブロックチェーン(パレットチェーン)を利用することで一般ユーザーは手数料を支払わずにNFTアイテムの購入や送付をスムーズに行うことができます。

パレットチェーンは複数企業で構成されるパレットコンソーシアムで運営が行われ、仕様変更やガス代などのユーザー体験に関わることを決定しています。

日本人ユーザー目線を徹底することで、パレットチェーンでは暗号資産を使わずに日本円でNFTを取引することが可能です。

特徴②:手数料が安く、処理速度が速い

パレットチェーンは日本発のエンターテイメント領域にフォーカスしています。世界に誇る日本のコンテンツのNFT化実績はトップクラスです。

イーサリアムチェーンはパブリックであるがゆえにユーザー数の増加によってスケーラビリティ問題に悩まされています。

一方でパレットチェーンはコンソーシアム型プライベートチェーンを採用することで、手数料が安く(一般ユーザーは無料)、速い処理速度を実現しています。

コンソーシアム型プライベートチェーンとは:透明性を保ちながら大量の情報の高速処理を実現するブロックチェーンです。

特徴③:クロスチェーン対応

パレットチェーンはポリネットワーク(Poly Network)と呼ばれるモジュールを採用してクロスチェーンに対応しています。

パレットチェーンのクロスチェーン対応
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

イーサリアムを始めとする複数のパブリックブロックチェーンと相互運⽤が可能です。

NFTアイテムを異なるブロックチェーンの間で自由に行き来できるので、今後も日本のコンテンツのNFT化にとどまるわけではありません。

イーサリアム(Ethereum)、コスモス(COSMOS)、Neo(ネオ)、オントロジー(Ontology)など、異なるブロックチェーン間で自由にNFTを取引してスケールしていけます。

特徴④:コンセンサスノードによるガバナンス

パレットではコンセンサスノードに参加することでステーキングサービスを受けられます。

コンセンサスノードとは:ブロックチェーン上でトランザクションが正しいかどうかを検証して合意形成を行うこと

ユーザーは暗号資産のパレット(PLT)を保有することでパレットチェーンのガバナンスに参加できるとともにパレットを受け取ることもできます。

パレットなどの暗号資産を保有するだけで報酬が得られる仕組みをステーキングと言います。

日本のコンテンツ産業の活性化をNFTを通じて牽引するパレットの将来性が明るいことから、パレットのステーキング報酬を得ながらガチホするのも良いでしょう。

なお、パレットの最初のコンセンサスノード12社はハッシュパレットと親会社のハッシュポート(HashPort)が中心となり選ばれました。

パレット(Palette)のコンセンサスノード12社
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

今後はコンセンサスノードを通じてガバナンスが行われていくDAO型の運営を目指しています。

パレットトークンの(PLT)の使い方

パレットトークンは主に3つの使い方があります。

  • パレットエコシステム内の決済通貨として使う
  • トランスファーのガス代に使う
  • ガバナンストークンとして使う

順番に解説します。

①パレットエコシステム内の決済通貨として使う

パレットチェーン上におけるNFTの売買など、あらゆる取引の決済通貨として使うことができます。

スマートコントラクトを搭載した他のブロックチェーンと同じように、自動的にエスクロー(取引保全)して取引をすることが可能です。

スマートコントラクトとは:プログラムに従って人の介在なしにブロックチェーン上で自動的に契約を実行できる仕組み

各コントラクトに対応した通貨として決済の役割を果たすことが、パレット(PLT)の基本の使い方になります。

②トランスファーのガス代に使う

パレットチェーン上におけるユーザー間の送金や取引・転送(トランスファー)については、基本的にはガス代が発生しません。

一方でNFTのミントやとデプロイには手数料が発生します。NFTを発行する際に発生する手数料の支払いについて、パレットトークンを決済に使うことができます。

ミントとは:スマートコントラクトを使ってNFTを新たに作ること

デプロイとは:ミントしたNFTを使える状態にすること

③ガバナンストークンとして使う

パレット(PLT)のホルダーは、保有しているパレットを特定のコンセンサスノードに委任し、パレットチェーンのガバナンスに参加することができます。

パレットではコンソーシアムチェーンという呼び方をしていますが、仕組みはデリゲートPoSと同様です。

デリゲートPoSとは:暗号資産の保有量によって重みづけをした投票を行い、ブロック生成者を決定すること

パレット(Palette)のパレットコンソーシアム
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

暗号資産パレットの保有者はガバナンスに対する考え方に賛成できるノードにPLTを委任できます。ノードは委任の仕組みによって報酬が増加し、任意の割合で還元することができます(ステーキング報酬)。

パレットコンソーシアムはノード間の健全な競争を促します。またNFTコンテンツのホルダーがパレットコンソーシアムに参加する場合、ステーキング報酬としてNFTをプレゼントするなどの自由な設計も行えます。

パレットトークン(PLT)の価格推移と値動き予想

パレットトークン(PLT)はIEOをコインチェックで2021年7月29日実施、上場後は一気に90円超を達成しました。

IEOとは:取引所に暗号資産を上場させて投資家から資金を集めること。Initial Exchange Offeringの略称。

日本初のIEOであったことと発行元であるハッシュパレットの事業内容から期待値が高く、投資と投機のマネーが一気に流入したと考えられます。

またICOとはことなり、国内最大級の老舗であるコインチェックがパレットを審査していることの安心感も好材料だったと言えます。

金融市場の低迷が始まる前だったこともあり、IEO直後から9月までは買いの資金が入っていることが分かります。

2021年9月からパレットに限らず、暗号資産の市場全体が下落傾向に入りました。

各国の大規模な金融緩和政策のもとで株式市場を中心とした金融商品が上昇を続ける中、ビットコインやイーサリアムをはじめとした暗号資産の価格のボラティリティが高まります。

中国政府から暗号資産(仮想通貨)の使用を全面的に禁止する指示が市場に与えたインパクトは大きかったです。

水面下では米国の新興企業で構成される株価指数のラッセル2000などは株価が低迷し始めており、市場や景気の先行指標とされる金融商品の冴えない値動きが2022年のメインテーマであるリセッション入懸念を示唆していたと言えるでしょう。

当然パレット(PLT)も市場の波に逆らうことはできず、2021年10月以降は価格低迷が続いています。

ビットコインをはじめ暗号資産が株価や債券価格と連動しており、価格を左右するメインテーマが景気後退なので、各国の経済指標を見ながら金融市場全体の回復時期まで待たなければならない忍耐力が求められます。

パレットトークンの将来性と今後の見通し・予想

パレットトークン(PLT)の将来性や今後の見通しについて、5つの点から予想してみましょう。

  • 国内NFT市場の拡大
  • 暗号資産取引所への上場
  • 国産ジェネラティブアートNFTブーム
  • インフルエンサー前澤友作氏からの出資
  • 提携先を明確な目的で選定している

1つずつ解説していきます

①国内NFT市場の拡大

世界のNFT市場は2019年に2億1,000万ドルだったものが、2020年には3億1,500ドル(+50%成長)にまで大幅に拡大しています。

パレットが専門とするNFTアイテムの売買市場はゲーム産業を中心に行われており、リアルマネートレードの市場規模が2,600億円以上(※)とされています。(※)引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

ツイッターのPFPアイコンやメタバースにおけるNFTの活用例など、ゲーム産業以外にもNFTアイテムの所有や転売による二次流通など新しい市場の拡大は確かな予想となっています。

国内NFT市場が拡大する際にパレットは先行者利益を得られるとともに、パレットチェーンによってさらなる市場成長に貢献するでしょう。

②暗号資産取引所への上場

パレットは2021年7月29日にコインチェックでのIEOを大成功させました。

続いて2021年12月に海外の大手取引所Bybitへの上場も果たしましたが、暗号資産の市場全体の厳しい下落を受けて価格上昇を維持までには至っていません。

ただし、Bybitに上場したことで世界中の個人・機関投資家がPLTを運用ポートフォリオに組み込めるようになりました。PLTが今後、日本に留まらずグローバルに成長と発展を遂げる土台ができています。

またパレットはHuobi(フォビ)がPARTNER&CLIENTです。Huobiはパレットのテストネットフェーズから参加して共同で開発をしてきました。

HashPaletteのPARTNER & CLIENT
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

Huobiグループは2013年の設立以来、銘柄数・顧客数・取引量・ともに世界トップレベルの暗号資産取引所として、業界をリードしています。

現在では170か国以上に何千万人のユーザーを抱えるまでの存在に。CoinMarketCapの取引所スコアも常時10位以内をキープしています。

まずはHuobiJapanへ上場し、続いてHuobiグローバルにも上場を果たせば、さらに世界中の投資資金が入ってPLTの価格上昇を見込めるでしょう。

③国産ジェネラティブアートNFTブーム

国産ジェネラティブアートNFTとは日本市場をメインターゲットにした数千点から数万点を発行するNFTアートのことです。

ジェネラティブアートNFTとは:アーティストが描くデジタル作品をNFT化し、さらにランダム性を掛け合わせたNFTアートのこと。ガチャガチャのように誕生する作品が分からないドキドキ感を楽しめる。

有名な国産のジェネラティブNFTアートは、Neo Tokyo Punks、Shinsei Galverse、Flower Lorita、そしてCryptoNinja Partners(CNP)です。

特にCNPはリリースからの販売額は右肩上がり。マーケターのイケハヤさんが今までNFTを触ってこなかった人をターゲットにNFTコレクションをPRしたことで多くのNFT未経験者がNFT市場に流れ込みました。

人気になったNFTコレクションはアニメ化やゲーム化の予定が増えてくるはず。実際にCryptoNinja(クリプト忍者)はハッシュパレットと提携し、CryptoNinja Party!で使用するNinja NFTセールを2022年7月に実施しました。

CryptoNinjaのように国産NFTとして人気なれば、ハッシュパレットと提携して新たなNFTプロダクトの開発の流れが続くでしょう。となれば、パレットトークン(PLT)の需要が増えるに伴い価格が上昇すると予想できます。

NFTコンテンツの種類と規模の拡大

パレットチェーンは特徴③クロスチェーン対応によって、NFTコンテンツの種類を増やし横展開して市場シェアを拡大することができます。

HashPaletteのNFTコンテンツの種類と規模の拡大
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

たとえば、2022年5月下旬に阪神タイガースの公式NFTサービスタイガースギャラリー(TIGERS GALLERY)をパレットのブロックチェーンでリリースしました。

タイガースギャラリーとは:阪神タイガース所属選手の記憶に残る名シーンなどの写真映像をNFT化してデジタルアイテム化するサービス

NFT X スポーツビジネスは海外で成功事例がいくつもあります。米国ではプロバスケのメイシーンをNFT化したNBA TOP SHOTや総合格闘技UFCのNFTコレクションが大人気でツイッターでバズるほどです。

2021年の東京オリンピック代表に選ばれた八村塁選手のダンクシーンもNFT化されていますよ!

NBA TOP SHOTをざっと見るだけで、日本のたくさんの人がNFTコレクションを買ってくれるイメージがわきやすくなります。

あわせて読みたい

ブロックチェーンを活用したファントークンで、世界トッププレイヤーとファンを身近にするのがChiliz(チリーズ)です。スポーツの分野とエリア(国・地域)を広げ続けており、ファンビジネスの成功モデルとして注目されています。

④インフルエンサー前澤友作氏からの出資

パレットトークンの生みの親であるハッシュパレットは2021年8月に前澤友作氏から4.8億円の資金を調達しています。

前澤友作氏とは:日本の企業経営者、有限会社スタートトゥデイ創業者、現株式会社前澤ファンド代表取締役社長、日本トップのインフルエンサー

もともとパレットは2021年8月にハッシュパレットは前澤氏から4.8億円の資金を調達済みです。

前澤氏がweb3コミュニティ「MZ CLUB」を立ち上げたときのプロジェクト欄にエルフマスターズが記載されていました。

エルフマスターズはパレットチェーン基盤のNFTゲームであり、前澤氏がハッシュパレットと蜜にweb3事業を進めていることが伺えます。

NFTコンテンツはインフルエンサーの力も重要です。暗号資産やNFTから距離をおく人たちにリーチできる前澤氏のマーケティング力は強力な武器になるでしょう。

⑤提携先を明確な目的で選定している

パレットトークンの提携先を改めて確認しましょう。

Hashpaletteの提携先12社
引用:Hashpalette White Paper Version 1.0

パレットトークン(PLT)開発・運営元のハッシュパレットは3つの明確な基準でパートナーを選んでいます。

  1. クロスチェーンを行っていく事業者
  2. 決済手段として補完をしてもらう取引所
  3. コンテンツをNFT化して供給できる事業者 

①については「特徴③:クロスチェーン対応」でご紹介した通り、パレットチェーンが市場シェアを広げて成長するためのポイントです。

②については流動性の確保や法定通貨との交換のためにも暗号資産取引所で取り扱ってもらう必要があります。

③についてはanimoca BRANDS(アニモカブランド)のように数々の企業をNFTを通じて成功に導くパートナーが必要です。またはHASHKEY(ハッシュキー)のように投資先にそのような企業を有している事業者も選定対象にしています。

ハッシュパレットは親会社のハッシュポート(HashPort)とともに、パレットトークンを日本と世界に広げるため、確かな基準でパートナーを厳選しています。

パレットトークン(PLT)の購入でおすすめの取引所と買い方

パレットトークン(PLT)を購入できるおすすめの取引所はコインチェック(Coincheck)です。

取引所方式で買えるので、スプレッドコストと呼ばれる実質的な高い手数料を支払わずに済みます。

Bybitでも購入できますが、コインチェックの取引所を利用できる中で金融庁から販売許可を得られない海外取引所を強いて選ぶ必要はないでしょう。

パレットトークン(PLT)を購入できるおすすめの取引所
暗号資産の入金手数料無料
暗号資産の送金手数料銘柄で異なる(コインチェックユーザー間は無料)
日本円の入金手数料銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
コンビニ入金:3万円未満770円、3万円以上30万円以下1,018 円
クイック入金:3万円未満770 円、3万円以上50万円未満1,018 円、50万円以上入金金額×0.11% + 495 円
日本円の出金手数料407円
パレットトークンに適用されるサービス取引所での売買
開催中キャンペーン新規の口座開設で1,500円分のビットコインをプレゼント
詳細コインチェック公式サイト
参考:Coincheck(2022年7月17日時点)

コインチェックでパレットトークンを買うメリットは次のとおり。

  • 100PLT(約2,150円)から買える(7月17日時点)
  • 取引所での購入で販売所よりも手数料が安い
  • マネックスグループの潤沢な資本と堅牢なセキュリティで安心
  • 国内ダウンロード数No.1のスマホアプリで簡単に管理できる

100PLTから買える手軽さがポイントで、暗号資産が初めての方も2,500円未満の小額から取引が可能!

パレットトークンは取引所で買えて手数料が安く済むので、僕も遠慮なくコインチェックをおすすめできます。

投資の際は「コインチェックでパレットトークン(PLT)購入・買い方を解説」をお役立てください。

まとめ:パレットトークン(PLT)はNFT需要拡大で価格上昇を期待

パレットトークン(PLT)を見ていく中で発行元のハッシュパレットが国内NFT市場が拡大するために重要な役割を担うことを予想できました。

パレットチェーンで他社と連携しながら、世界に誇る日本のコンテンツをNFT化して成長していく姿をイメージできたのではないでしょうか。

この記事のまとめ

  • パレットトークン(PLT)の開発・運営元のハッシュパレットは日本発コンテンツのNFT化実績はトップクラス
  • パレットチェーンは他のブロックチェーンと相互運用してNFTアイテムの市場を拡大できる
  • 世界のNFT市場3億1,500ドル以上の中でパレットは日本発NFTアイテムを拡販することができる
  • CNPをNFTゲームにしたCryptoNinja Party!の実績をはじめ有名コンテンツのNFT化でハッシュパレットは中心的存在である
  • コインチェックのIEOを大成功に収め、バイビットでの上場を果たし、国内外の取引所への上場で資金流入が期待される
  • パレットトークン(PLT)の購入は金融庁に認可された国内取引所のコインチェックが安心である

日本のコンテンツは宝の山です。マンガ・アニメ、アート、ゲーム、音楽、スポーツ・・・ハッシュパレットの力を借りたい企業が列をなす状況になるでしょう。

パレットチェーンはクロスチェーン対応で、他のブロックチェーンと相互運用しながらNFTアイテムを作ることができます。日本のweb3事業者とともに世界に本格進出する体制も整っています。

NFT需要の拡大は必至です。まずは国内NFT市場の成長にあわせてパレットトークン(PLT)の価格が上昇するときにしっかりと稼いでいきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-暗号資産