X to Earn

日本全国の配達スタッフ必見!スマホアプリで時給アップする方法を徹底解説

日本全国の配達スタッフ必見!スマホアプリで時給アップする方法を徹底解説

ネット通販の商品数が増えて、配達の件数がすごく増えましたね。もう少し収入を増やしたいと思っても、日中の配達で体力を奪われてなかなか副業をすることもできないです。

そんな日本全国の配達スタッフさんがいつもどおりの仕事をしているだけで時給・収入をアップする方法をお伝えします。

この記事でわかること

  • いつもの配達をしながら時給アップする「Move to Earn」について
  • Move to Earnのなかでも「歩いて稼ぐWalk to Earn」がおすすめ
  • Walk to Earnのなかで稼ぎやすいゲームアプリとは

ブロックチェーンと呼ばれる新しいインターネットの技術によって、配達・配送中に歩いた歩数がそのまま収入アップに直結するようになりました。

その仕組を分かりやすく解説するとともに、すでに世界中にユーザーがいるスマホで楽しめるゲームアプリも紹介するので参考にしてくださいね。

毎日よる遅くまで大量の荷物を配達していただき、本当にありがとうございます。

配達しながら時給アップできる企業・会社・ブランド一覧

今回ご紹介する方法で今まで通りの配達をしながら時給アップできる企業・会社・ブランド名をリストにしました。

私たちユーザーによく知られている名称をリストにしています。例えばヤマト運輸ならクロネコヤマトです。

配送や配達中に歩く機会がある日本全国のスタッフさん全てが対象になります。

配送ドライバーさんが不利な一方で、営業センター等から個別に徒歩で宅配するスタッフさんはかなり有利です!

それでは歩くことが時給アップにつながる仕組みを解説しますね。収入を上げるために副業しなくてよい理由がわかりますよ。

リストになくても配達中に歩くのであれば稼げるので大丈夫です!

Move to Earn | 配達しながら時給アップで稼ぐ仕組み

Move to Earnとはブロックチェーンと呼ばれる新しい技術を使って、歩いたり走ったりすることでお金のようなトークンを獲得しながら稼ぐことを指します。

Move=動く、Earn=稼ぐの文字通り、「運動して稼ぐ」を僕たち一般人が実現できるようになりました。

スマホのGPS機能や、アンドロイドのGoogle FitまたはiPhoneのiOSヘルスケアアプリを使って歩数をカウントすることで、アプリユーザーの運動量に応じたトークンをもらうことができます。

いままでのゲームは単純に遊ぶ目的で作られており、もらったトークンは同じゲーム内で再利用することしかできませんでした。

しかしブロックチェーン技術によって、Move to Earnで獲得したトークンは日本円に換金することができ、歩く・走るなどの運動で稼げるようになったのです。

Move to Earnは世界中の投資家も注目していて、Gemefiという新たな金融用語も生まれるほど!

歩く・走ることで稼げることを実感していただくため、大成功したMove to Earnゲームアプリをご紹介します。

爆発的に稼げたSTEPN(ステップン)とは

「STEPN(ステップン)は知ってる!」という方も多いかと思います。

ツイッターやYouTubeの紹介も増えましたし、テレビ東京のやりすぎ都市伝説(2022年4月29日)にSTEPNが紹介されました。

Twitter:https://twitter.com/oka_nft_gamer/status/1520006435354333184

常識がぶっ壊れるSPのタイトル通り、日本から続々とSTEPN長者が生まれたようです。

Twitter:https://twitter.com/Jeanscpa/status/1528575549668352000
Twitter:https://twitter.com/GameFi_Pilot/status/1526581548396384256
Twitter:https://twitter.com/oka_nft_gamer/status/1519792075549872129

最後のツイートの方がおっしゃるとおり、この人たちは上手くバブルに乗れた成功例です。

STEPNのゲームのなかでシューズを購入して、走ったり歩いたりしながら日本円に変えられる暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができます。

さらにはゲーム内でシューズの価値を高めて売って得た暗号資産も日本円に交換できるので、Move to Earnの人気に火が付きました。

よし、STEPNでさっそく稼いでいこう!

少し待ってくださいね。STEPNは人気が加熱しすぎて稼ぎにくい状況になり、初期費用が必要だったり、単純に歩いているだけでは暗号資産を受け取りにくくゲーム性が強いです。

ですので、今回おすすめするのは歩いた歩数がそのまま稼ぎになるWalk to Earnゲームになります。

Move to Earnの中の歩いて稼ぐWalk to Earnとは

歩いて稼ぐWalk to Earnとは、歩くことでお金のように価値があるトークンを獲得したり、日本円に交換できる暗号資産を稼ぐことを指します。

STEPNのように動いて稼ぐMove to Earnの中に含まれ、歩くことに焦点をあててブロックチェーンで開発されました。

すでに欧州で成功しているWalk to Earnアプリも紹介するので、まずは稼げる仕組みから解説していきますね。

Walk to Earnで稼ぐ仕組み

Walk to Earnで稼ぐ仕組みは次のとおりです。

  • 暗号資産やゲーム内トークンを獲得する
  • 暗号資産の値上がりを期待できる
  • Walk to Earnアプリを併用して暗号資産を二重取りする

一つずつ解説しますね。

①暗号資産やゲーム内トークンを獲得する

1つ目の歩いて稼ぐ方法は、暗号資産やゲーム内トークンを獲得する方法です。

Walk to Earnゲームの種類によって暗号資産やトークンの獲得方法は様々ですが、ざっくりまとめると次のとおりです。

  • ただただ歩く
  • ミッションをクリアする
  • 大会・競技で上位入賞する

ただただ歩いて稼ぐ純粋なWalk to Earnの他にも、ゲーム性をもたせてミッションをクリアするものや競争するゲームなどたくさんあります。

先に紹介したSTEPNなんかはスニーカーを売買したり、ゲーム内で機能性の高いシューズを購入することで日本円にこうかんできる暗号資産を稼ぎやすくなる仕組みになっています。

あまりにゲーム性が強かったり競争するアプリになると、配達中にできないので、今回は①ただただ歩くアプリを紹介しますね。

②暗号資産の値上がりを期待できる

2つ目の稼ぐ方法は、歩いて獲得した暗号資産の値上がりを待つことです。

FXって聞いたことありますか。日本円や米国ドルが交換されていて、持っている通貨が値上がりするだけで稼げる取引です。

FXと全く同じで暗号資産を交換できる取引所があり、アプリ内で歩いて獲得した暗号資産をずっと保有しておいて、値上がりしたときに売却して稼ぐこともできます。

いままでの常識では信じられないかもしれませんが、ブロックチェーンによって配達スタッフさんは副業せずとも稼ぐことが可能なんです。

③Walk to Earnアプリを併用して暗号資産を二重取りする

3つ目の歩いて稼ぐ方法は、複数のWalk to Earnアプリを併用して暗号資産を二重取りすることです。

Twitter:https://twitter.com/wQMwNNy9x6JJf0y/status/1532324284655276032
Twitter:https://twitter.com/startup3069/status/1533289002727448576
Twitter:https://twitter.com/radiodirectorky/status/1531888977279455238

3つ併用なら3重取り、4つ併用なら4重取りと売買にできるかもしれません。

ただしここまで都合良くはいかず、ちゃんと暗号資産が貰えるアプリは限られますし、参加者が増えたら配れる枚数も減ってしまうので、単純な倍々ゲームとはいきません。

それでも、歩いて稼ぎやすいWalk to Earnアプリは分かっているので、それらの始め方を解説します。

Walk to Earnの始め方4ステップ

Walk to Earnの始め方は次の4ステップです。

  • 暗号資産取引所の口座を開設する
  • Walk to Earnゲームのアカウントを作る
  • Walk to Earnゲーム通貨を購入する(無料あり)
  • Walk to Earnゲームプラットフォームに入る

順番に解説していきますね。

暗号資産取引所の口座を開設する

Walk to Earnゲームで稼いだ暗号資産(仮想通貨)を日本円に交換したり、ゲームアプリ内でアイテムを購入したくなったときのために口座を開設します。

数多くある取引所のなかでも、コインチェックがおすすめです。スマホアプリがとても使いやすく、初心者の方でも迷うことなく簡単に暗号資産を売買できます。

コインチェックはスマホアプリのダウンロード数が国内NO.1で、20代・30代を中心にユーザーが増えている人気の取引所です。

もちろん、口座開設や維持費用など完全無料なので、都合の良い時に暗号資産を買えるように用意されてください。

Walk to Earnゲームのアカウントを作る

続いて、Walk to Earnゲームのアカウントを作ります。

通常は各Walk to Earnゲームがスマホアプリを提供しているので、それらをダウンロードしてからアカウントを作る流れです。

今回は日本全国の配達スタッフさんが仕事中に歩いて稼ぐことを目的としていますから、ゲーム性がなく純粋に歩数をカウントしてトークンや暗号資産に交換できるWalk to Earnアプリをご紹介します。

これらは知名度が高くユーザーも多いことから、ネット上で簡単に情報を得ることができて初心者の方でも簡単にスタートすることができます。

まとめ

ここまで日本全国の配達スタッフさんがいつもの仕事をしているだけで時給アップする方法を解説しました。

ブロックチェーンと呼ばれる新しい技術によって「歩いて稼ぐWalk to Earn」が可能になり、スマホアプリを起動するだけで勝手に暗号資産(仮想通貨)を稼げるようになります。

いつものスーパーの商品価格が高くなって本当に家計のやりくりが大変になってきましたね。ところが、配達スタッフさんは日中に歩き回るために副業をする体力も残らないでしょう。

休日は大切な家族や大好きな趣味に時間を充てたくなると思います。だからこそ、歩くことが最大の強みになるWalk to Earnを実践して、配達中に暗号資産をコツコツ貯めていきましょう。

Walk to Earnに関するよくある質問と回答

補足としてWalk to Earnに関するよくある質問と回答をご紹介します。

Walk to Earnゲームの初期費用は?無料のアプリはありますか?

STEPNの場合はNFTスニーカーを購入するために0~15万円ほどの初期費用がかかります。ゲーム性が強くて稼ぐ効率を高くしたり人気のあるアイテムは高値がつきます。
無料で遊べるWalk to Earnゲームアプリもあります。ただし、稼ぐ目的だと非効率なものが多いです。初期投資をして効率よく稼いでいくか、無料アプリでコツコツ暗号資産やトークンを貯めていくかの違いになります。

Walk to Earnゲームで歩数をカウントするとき、スマホを上下に振るなど不正できませんか?

不正しても歩数としてカウントされない仕組みになっています。全てのWalk to Earnゲームアプリは不正との戦いでした。その過程で歩いたときの振動・リズムを見分ける技術やGPSを採用して実際に移動しているかを確認したり、アンドロイドのGoogle FitやiPhoneのiOSヘルスケアと連携するなど、複数の技術をかけあわせて不正行為に対応できるようになっています。

Walk to Earnゲームを他のアプリと併用できますか?

はい、問題なく同時に使用できます。こちらの「Walk to Earnアプリを併用して暗号資産を二重取りする」で解説したとおり、多くの方が複数のアプリを併用してトークンや暗号資産を二重・三重取りするように工夫しながら楽しまれています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-X to Earn