暗号資産取引所

BitLending(ビットレンディング)とは【ガチホ必見】

【業界最高年率】BitLending(ビットレンディング)とは?

「ビットコインをガチホしてるけど、高値づかみからの塩漬けでお金が眠ってもったいない......。」

「ビットコインをガチホしてるけど、高値づかみからの塩漬けでお金が眠ってもったいない......。」

今回ご紹介するBitLending(ビットレンディング)はこんなお悩みをスッキリ解決します!

この記事を読むメリット

  • 貸暗号資産のBitLendingが年率業界No.1の理由が分かる
  • BitLendingが理解できて長期投資に活用すべきか分かる

【結論】ビットレンディングは業界最高年率を続けているのでイチオシです!

ビットレンディングを利用することで、複利効果を得ながら資産を積み上げていけることが分かりので、ぜひ参考にしてください。

BitLending(ビットレンディング)とは | 貸暗号資産で業界No.1

BitLending(ビットレンディング)のトップページ

Bit Lending(ビットレンディング)とは、株式会社J-CAM(ジェイカム)が2022年2月10日にリリースした貸暗号資産サービスです。

国内最高の年率8%でサービスを提供し続けていることから、暗号資産のガチホ投資家から注目を浴びています。

貸し出せる暗号資産は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)をはじめ、長期で保有したい銘柄に厳選されており迷うこともありません。

そのため、ユーザーには暗号資産のガチホ=長期投資家が多く、ほったらかしで毎月貸借料が入ることから人気を集めています。

運営元のJ-CAM(ジェイカム)について

ビットレンディングを提供する運営元のJ-CAM(ジェイカム)は、国内唯一の暗号資産専門誌『月間暗号資産』を発行し、日本の金融資産のデジタル化促進に貢献する企業です。

本誌は国内でも高く評価されており、暗号資産の専門誌として唯一、国立国会図書館に所蔵されるほど!

発行が開始されてから2022年で5年目を迎え、仮想通貨から暗号資産へ移り変わる中、数あるグローバル企業とパートナーシップを結んできました。

その結果として、安定して高年率を継続する貸暗号資産のビットレンディングを提供することができています。

なお『月間暗号資産』はAmazonのkindleunlimitedで読み放題なので、この機会にご覧になってください。

ビットレンディングで貸借料がもらえる仕組み

ビットレンディングから貸借料を受け取る仕組みについて解説しますね。

貸借料とは:銀行預金の利息と同じで、暗号資産を預け入れておくだけで貸借料として暗号資産を受け取ることができます。

ビットレンディングのプラットフォーム

僕たちが暗号資産を貸出してから貸借料をもらうまでに4つのステップがあります。

  • 保有しているBitLendingへ一定期間貸出す
  • BitLendingが暗号資産取引所や機関投資家へ暗号資産を貸出す
  • BitLendingが貸出し先から貸借料を受け取る
  • 貸借料③の一部をお客さまに還元する

僕たちの預金を銀行が企業に融資して金利を得る仕組みと全く同じですね。

ビットレンディングの最大の強みは、②③の独自のネットワークを強固に築いてきたことです。

そのため、全ての取引所が太刀打ちできない国内最高のレンディング年率を可能にしています。

なぜ国内最高の年率を実現できるのか

ビットレンディングの年率が国内最高の理由を、暗号資産取引所とのビジネスモデルの違いから説明しますね。

取引所の収益モデルは、ユーザーから借りた暗号資産を主に取引所内のレバレッジ取引などに充てるため、利益率がすごく低いです。

多くの売買の処理にコストがかかるため、貸暗号資産の還元率がどうしても下げざるを得なくなってしまいます。

また、暗号資産の貸付先の確保もままならないことから、僕たちが貸出すまでに待ち時間が長いことや年率が低くなることが起こるのです。

一方でビットレンディングは貸暗号資産を専門にしており、大きなお金を動かす国内・海外の機関投資家に暗号資産を貸すことができます

取引所の個人への貸し借りとは比べものにならないくらい、機関投資家が必要とする暗号資産は莫大な金額なんです。

そして、取引所のようにたくさんの個人ユーザーとの貸し借りをして細々としたコストをかける必要もありません。

そのため、少数の機関投資家から取引所より遥かに高い利益を受け取れるので、僕たちに還元される年率が国内最高をキープできるのです!

取扱う暗号資産の種類と貸借料率(年率)

2022年6月26日時点で6種類の暗号資産が用意されており、いずれも最大年率8%になっています!

貸出できる6種類の暗号資産

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • FIL(ファイルコイン)※新規・追加でのFIL貸出は、送金期日7月15日(貸出開始:7月16日)までで貸出終了となります。
  • USDT(テザー)
  • USDC(ユーエスディーコイン)
  • DAI(ダイ)

ビットコインは世界中の投資家が大注目しているので、ガチホ投資にぴったりですね!

次にイーサリアムですが、最近はライバルのアルトコインが続々と登場しているのでちょっと不安。

初めての投資ならビットコインから貸し出してみるのがおすすめです。

さっそく運用方法を知りたい方は「ビットレンディングの始め方・やり方4ステップ」から読み進めてください。

BitLending(ビットレンディング)を使う4つのメリット

ここからはビットレンディングを使う4つのメリットを解説します。

  • 【年利8%】業界最高の貸借料率
  • 貸出で待たされない【高い流動性】
  • 少額から貸出可能
  • 無料で途中解約ができる

他の取引所との違いもハッキリ分かるので、一つずつ見ていきましょう。

メリット1:【年利8%】業界最高の貸借料率

ビットレンディングの最大のメリットは、業界最高の貸借料率(年率)で暗号資産を貸出しできることです。

世界で最も保有者が多くガチホ投資に最適であるビットコインで、他の取引所と最高年率を比較してみましょう。

ビットレンディングコインチェックGMOコインビットバンク
最高8%最高5%最高3%最高3%

例えば0.02BTC(約81,500円[6月1日時点])を貸出したとき、BTCの価格が下がらなければ来年には88,020円超(+6,520円超)になって返ってきます。

+8%のインカムゲインで長期投資のパフォーマンスを高めましょう!

メリット2:貸出で待たされない【高い流動性】

2つ目のメリットは、貸出しで待たされないことです。保有する暗号資産を貸出したいのに受け入れてもらえなかったら、貸借料(利息)をもらうことができません。

残念ながら、他の国内取引所では暗号資産の貸出し開始までに待たされることが頻繁に起こっています。

揚げ足をとるようなので、一例だけにしておきます。

コインチェックは暗号資産と売買プラットフォームとしては非常に優れているので、すべてのサービスが良くないと誤解しないでくださいね。

国内最多クラスのユーザー数を誇るコインチェックであっても、貸暗号資産サービスは勝手が違うことが分かります。

なんでビットレンディングはすぐに貸出しできるの?

先に説明したビットレンディングの仕組みの中で、独自のネットワークを強固に築いてきたことにふれましたね。

ビットレンディングは国内・海外の機関投資家との間に太いパイプがあり、6種類の暗号資産を必要とするところへすぐに流す仕組みができています。

機関投資家が動かす暗号資産の量は取引所で売買する個人の総量の比にならないので、僕たちが「貸したい!」って申し込んだらすぐに受け入れることができるんです。

健康な人の血流のようにお金の流れが良いことから、流動性が高いと言われます。

ビットレンディングがこの仕組を完成できたのは、レンディング専門業者として長年にわたり機関投資家と関係性を築いてきたからこそです。

メリット3:少額から貸出可能

3つ目のメリットは、少額から貸し出せることです。ビットレンディングが取扱う6種類の最低貸出し金額を計算しました。

項目金額(枚数)日本円換算
BTC(ビットコイン)0.001 BTC2,896円
ETH(イーサリアム)0.1 ETH16,698円
USDT(テザー)50 USDT6,758円
USDC(ユーエスディーコイン)50 USDC6,763円
DAI(ダイ)50 DAI6,6761円
FIL(ファイルコイン)1 FIL821円
2022年6月26日のレートを採用、小数点四捨五入

ビットコインが4,000円くらいなら気軽にできそう。

暗号資産の投資が初めてだったり慣れていない方は、まずはビットコインの最低枚数を預けてみるのがいいですね。

ちなみに、コインチェックは1万円程、GMOコインは40万円程が必要です……。

慣れていない暗号資産の投資、まずは小さな金額から始めるのがおすすめです。

メリット4:無料で途中解約ができる

4つ目のメリットは、途中解約ができることです。ビットレンディングは最短貸出期間の1ヶ月を過ぎると、いつでも返還してもらえます

しかも途中の解約手数料は無料です!これも高い流動性があるからで、僕たち一人が解約してもすぐに新しい人の暗号資産を借りられるからなんです。

つまり、貸したい人と借りたい人がビットレンディングに集中しているので、希望通りに貸し出せるし解約できるようになっています。

現金が必要になったときに切り崩せるのは便利で安心!

他の取引所は契約期間に縛りがあったり、高い解約手数料が発生するので、無料で途中解約できるのはビットレンディングの大きな強みです。

BitLending(ビットレンディング)のデメリットと注意点

ここからはビットレンディングのデメリットと注意点を解説します。

  • ビットレンディングへの送付手数料がかかる
  • 会社破綻とハッキングリスクを知っておく

いろいろな取引所を利用する中で対策方法を見つけてあるので、それらも紹介しますね。

破綻って聞くと不安になるかもしれませんが、すべての取引所に共通する内容なので正しく理解しておきましょう。

ビットレンディングへの送付手数料がかかる

唯一のデメリットは、ビットレンディングへ暗号資産を送付する手数料がかかることです。

ビットレンディングはレンディング専門業者なので、暗号資産の販売をしていません。
そのため、貸出す暗号資産は他の取引所で購入して、ビットレンディングへ送付する必要があります。

国内の大手取引所からの送付手数料は次のとおりです。

GMOコインビットフライヤーコインチェックビットバンク
無料(最小0.02BTC/回)0.0004 BTC0.0005 BTC0.0006BTC
無料(最小77,180円/回)1,158円1,448円1,738円
2022年6月26日のレートを採用、小数点四捨五入

GMOコインだけ無料だけど、結構な金額を送らないといけないね。

確かに、10万円ちかくなってくるので、GMOから気軽にビットコインのの送付はできないですね。好きなときに数千円分くらい無料で送れると理想的ですね。

どうしても暗号資産の少額送付は手数料に負けてしまいます。ですが、ガチホ投資派で月に一回まとめてビットレンディングに送付するような利用であれば、GMOコインは便利ではないでしょうか。

こちらに「GMOコインがおすすめの人は?特徴・メリット・デメリット・評判を調査」をまとめているので参考にしてください。

会社破綻とハッキングリスクを知っておく

リスクって聞くと不安になる……。

これはビットレンディングに限った話ではなく、全ての国内取引所に共通していることなのでこちらで正しく知っておきましょう。

サービスが上手くいっていないときは事業報告で分かりますが、ハッキングには備えておきたいですね。

2014年に起きたマウントゴックス事件をご存知ですか。
当時世界最大級の取引所がハッキングされて、マウントゴックス社は経営破綻してしまいました。

ですので何事も起こりうる姿勢で長期投資をすることが重要です。

僕は保有する一部の暗号資産にとどめて、ビットレンディングを活用しています。

ガチホ投資分をすべてビットレンディングに送付して貸暗号資産にするはリスクなので、分散させることが大切ですね。

デメリットと注意点を踏まえて、「さっそく貸出ししたい!」と思っていただけた人は「ビットレンディングの始め方・やり方4ステップ」へお進みください。

BitLendingは信頼できる?SNS・口コミで安全性・危険性を調査

ここからはビットレンディングが本当に信頼できるサービスなのか、SNSや口コミで安全性・危険性を確認します。

SNSの時代、悪い評価・評判は瞬時に情報共有されるので、最新事情を見ていきましょう。

ツイッターでユーザーの評価を確認

数多くの運用レポートがツイートされていたので、2022年5月25日以降の一例を掲載しました。

の方もビットレンディングの年率の高さに満足し、ガチホ投資で雪だるま式に資産を積み上げる複利効果を楽しみにしているようです。

画像の計算式は、貸借料 = 契約時数量 x 0.1(10%分)÷ 12(1ヶ月分) x 貸出日数 になります。

掲示板やWebサイトでユーザーの評価を確認

ビットレンディングの悪い評価・評判がないかWebサイトを調べてみたのですが、素晴らしいことに安全性や危険性を疑う情報は一切表示されませんでした

金融情報はヤフー掲示板を活用している人も多いようですが、まだスレッドが立っていません。

2022年2月10日リリースでユーザーも少ないでしょうから、もし気にすべき報告があがってきたら僕がしっかり調べてから報告しますね。

BitLending(ビットレンディング)のキャンペーン

ビットレンディングは新規顧客を目指してかなり積極的にBOOSTキャンペーンを続けていました。

残念ながら終了してしまったのですが、金融サービスを提供する会社は同じようなキャンペーンを再開する傾向にあるので、今後の参考として紹介します。

2022年5月末まで25%BOOSTと称して、6種類の暗号資産のすべての年率が上がっていました。

  • BTC(ビットコイン):10.0%
  • ETH(イーサリアム):10.0%
  • USDT(テザー):10.0%
  • USDC(ユーエスディーコイン):10.0%
  • DAI(ダイ):10.0%
  • FIL(ファイルコイン):8.0%

これはビットレンディングの運営元であるJ-CAMに月間暗号資産などの事業基盤があるため、ビットレンディングのコストを負担して僕たちに貸借率で還元してくれています。

メガバンクが預金金利0.001%の時代に10.0%は、かなり魅力的な金利水準だったのではないでしょうか。

それでも通常金利がファイルコイン以外8.0%ですから、暗号資産のガチホ投資には最強のサービスです。

国内取引所が年率を上げられない中、ビットレンディングは最強です!

BitLending(ビットレンディング)がおすすめの方

ここまでビットレンディングの高い年率が実現する理由を知る中で、貸暗号資産を始めてみたいなと考えている方もいるでしょう。

ビットレンディングおすすめの人

  • 暗号資産を高値づかみして塩漬け状態になり投資資金が眠っている方
  • 国内取引所で貸出し待ちが長すぎて速やかに対応できる業者を探している方
  • 価格下落に対応するために途中解約して暗号資産を現金化する方
  • ガチホ投資で数年単位の長期保有で暗号資産を運用している方

ガチホで暗号資産を長期投資する方に自信をもっておすすめできるのがビットレンディングです。

複利効果で雪だるま式に暗号資産を大きくしていきましょう!

BitLending(ビットレンディング)で稼ぐシミュレーション

実際にビットレンディングでどのように稼げるのかシミュレーションしてみましょう。

例えば1BTC(ビットコイン)=400万円のときに貸出しをスタートし、1年間たったときに1BTC=500万円(25%上昇)になったときに収益を図にしました。

ビットコインを1年間レンディングした際の収益シミュレーション

続いて米ドル連動型のステーブルコインでシミュレーションしてみました。本格的な円安の時代にはいりましたから、さらに円安が進行したときのリスクヘッジとして貸出ししておくのも良いでしょう。

米ドル連動型ステーブルコインを1年間レンディングした際の収益シミュレーション

なお、ビットレンディングでは3種類の米ドル連動型ステーブルコインを通常年利8%で募集しています。

募集中の3種類のステーブルコイン

  • USDT(テザー):8%
  • USDC(ユーエスディーコイン):8%
  • DAI(ダイ):8%

「法定通貨と共存する時代。価値のバランスを意識しながら運用することも考えていきたいですね。」

BitLending(ビットレンディング)の始め方・やり方4ステップ

ビットレンディングで暗号資産を貸出すのはすごく簡単で、たったの4ステップで完了します。

「アカウントの登録は5分程度でできますよ。」

▶ビットレンディングを始める4ステップ

  • フォームに沿って基本情報を入力する
  • 貸出しする通貨の枚数を記入する
  • 本人確認資料を提出する
  • 暗号資産を送付して貸出を始める

たったこれだけです。実際のやり方を画像つきで分かりやすくまとめたので、参考にしてください。

>> ビットレンディングの登録・始め方と暗号資産を貸出す方法

まとめ:長期投資とBitLendingで資産を積み上げる

ここまでビットレンディングの概要とともに年利10%を継続できる仕組みについても解説してきました。

他の取引所にはできない機関投資家との太いパイプがあり、暗号資産を大量に売買できる流動性を確保していることがポイントでしたね。

この記事をまとめると

  • ビットレンディングは国内最高の貸借率(年率)を誇る貸暗号資産専門サービスである
  • ビットレンディングは暗号資産取引所や機関投資家と太いパイプがあり流動性を確保できる
  • ビットレンディングは暗号資産の貸出し待ちが無い上に1ヶ月経過後はいつでも解約できる
  • ビットレンディングは暗号資産をガチホする長期投資の資産を複利効果で増幅させる

世界中でビットコインをはじめとした暗号資産の価値が認められ、国家の法定通貨になるなど近い将来に普及する流れになりました。

Web3.0時代を目前にしてメタバース・NFTがニュースになり、インターネットの世界で人々が交流する未来が間もなく訪れるでしょう。

近未来の価値交換の手段として暗号資産は重要な役割を果たします。ビットコインをはじめ、将来を有望視されるアルトコインの貸暗号資産サービスとしてビットレンディングを活用してください。

BitLending(ビットレンディング)によくある質問と回答

こちらではビットレンディングについてよくある質問と回答をまとめています。

なぜ取引所より貸借料率(年率)を高く保てるのですか?

いつでも暗号資産を必要とする企業等に貸出せる仕組みを完成したからです。運営元J-CAMのグローバルネットワークを活かし、国内・海外の暗号資産取引所や大手機関投資家と太いパイプがあります。

詳細は「メリット2:貸出で待たされない【高い流動性】」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ビットレンディングで発生する手数料は何ですか?

取引所からビットレンディングへ暗号資産を送付する際に手数料が発生します。ただし一定枚数以上で送付手数料が無料の取引所もあるので、詳しくは「ビットレンディングへの送付手数料がかかる」をご覧ください。2022年6月時点でGMOコインが、1回あたり0.02BTC(約77,180円)以上の送付が無料になっています。

「SNSでビットレンディングの最新情報を調べながら随時まとめていきます。」

なお、他の取引所と比較してからビットレンディングを検討したい人は「貸暗号資産は5つの基準を比較して取引所を選ぶ」を参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プティ

デイトレーダー・投資家からブロガー・投資家へ転身 | 日本株から暗号資産(仮想通貨)とNFT投資へ資金をシフト中 | web3時代における暗号資産の運用方法を中心に情報発信しています。

-暗号資産取引所